FC2ブログ

2018まとめ。

2018–12–31 (Mon) 18:57
data-lightbox="image1"

2018年まとめ。


・TAMIYA+SMC 1/24 A124 Spider
DSCN7338.jpg
DSCN7399.jpg


・HASEGAWA 1/35 HITACHI VIBRATORY COMBINED ROLLER ZC50C-5 #2
DSCN7318.jpg
DSCN7288.jpg


続いては「ポンコツクエスト」よりカクくんイムラさん。
2018冬のワンフェスで販売
DSCN7404.jpg
DSCN7431.jpg


・1/24 2T-G
202_2018051400363563f.jpg
302.jpg
DSCN7937.jpg
DSCN7930.jpg




以上、本年もお世話になりました。

よいお年をお迎えください。

TAMIYA 1/24 HONDA Fit #1

2018–11–11 (Sun) 04:40
毎年3月頃にやっている「2×4」の展示会用で、お題が「赤い車」です。
ちょうどうちの足車が赤いフィットなので、それを作ってみるのも面白そうかと。
DSCN8000.jpg

うちのフィット。
DSCN8245.jpg

微妙にノーマル状態ではないので、どのようにしようかなと考えながら下地処理の開始。
ボンネットやドアなどの開閉部のスジ彫りは0.15のタガネで彫り込んで、ペーパーでパーティングラインとヒケの処理をしていきます。
エッジ部分は追々の塗膜でだるくなるので極力立てるようにしています。
ボンネットのマスキングは中央のエッジをつぶさないための処置です。
DSCN8255.jpg

バンパーやドアノブ周りのスジ彫りは0.15より気持ち細めのもので掘り込んでます。
この微妙な差はただの自己満足です。
DSCN8256.jpg

ウインドウ周りのパーティングもそのままだと微妙に塗料が溜まったりすることがあるので処理してます。
あとで実際にクリアーパーツと合わせるのも忘れずに。
DSCN8252.jpg

シャーシのパーツ切り出してて「ランナーにシャフトのパーツが無い・・・」と思ってたら、タイヤ袋に入ってました。
前後とも金属なのね。
車高はそのままなので足回りはホイール以外キットのまま作ります。
DSCN8247.jpg

つづく。

324ARTS 北極大戦/Arctic War Circle Face/Sitting #1

2018–11–10 (Sat) 02:59
ニシムラ ミツタケさん(@mi_tu_ta_ke)の324ARTSブランドのガレージキット、北極大戦シリーズのサークルフェイスです。

たまたま某ネットショップ覗いたら「1/20 北極大戦 サークルフェイス (レジン組立てキット) by クアトロポルテ」ってなってた。

流通の都合上仕方ない部分もあるのは理解できるけど、もう一工夫ぐらいは出来ると思うんだけどね。

やる気があればの話。

正確に言うと

「クアトロポルテが取り扱う、ニシムラ ミツタケさんの324ARTSブランドの北極大戦 サークルフェイス」

うちの製品もtwitter上では「クアトロポルテのエッチング」とか言われてるけど、

こっちも正確に言うと

「クアトロポルテが取り扱う、SMCブランドのエッチング」

ちなみに愛用している「クアトロポルテのTipoマルチシンナ-」は

「クアトロポルテのTipoマルチシンナ-」のままで正解。



サークル・フェイスのパッケージはこんな感じ。
DSCN8090.jpg

裏側。
右上にあるような「看板持ち」スタイルでも作れます。
DSCN8091.jpg

パーツ内容はシンプルで作り易そうな構成。
腕パーツが地面に手をついてるものと、先の「看板持ち」スタイル用と親指パーツの2種類。
DSCN8092.jpg

パーティングラインなどの確認もしたかったので軽く捨てサフ。
DSCN8106.jpg

スジ彫りやパーティングラインを含めた面処理の開始です。
DSCN8110.jpg

つづく。

ITALERI/TESTORS NORTHROP B-2 SPIRIT #9

2018–11–09 (Fri) 02:09
毎年モデフェスが終わると、模型活動の一年が終わった感じになって、来年どうしようかと考えます。
結局翌年はそのときまでに出来たものを持ってく感じになってますが。
ある程度生活パターンが把握出来てきたので来年はB-2を2機持って行けるように時間作って進めていきます。

B-2 SPIRIT。
DSCN4874_20181109015330c3e.jpg

パネルラインと面処理で気分が単調になってきたので、別の部分も手をつけていきます。
まずはスクリーン。
前端で合わせて見たところ後ろ端でこれくらいの隙間と上面で0.5のプラ板が挟めるほどの隙間。
作る前にいろいろ見てたら海外のもデラーさんがパテで埋めていたので、同じやり方でいこうとパテ充填してます。
DSCN8243.jpg

シート。
AFVもデラーの方はコックピットにもこだわるよと聞いたこともあって、社外品のシートを少し探してみたこともありますが
時間が空いてしまって忘れました。
ひとまずキットのまま進めることにして、背面の押し出しピン跡などを処理します。
以前買ってたエデュアルドのエッチングにベルト付いてたと思ってましたが、行方不明。
キットのシートはスリ合わせ必須でしたが、それでもふわっとした合い具合。
DSCN8244.jpg

コックピットパーツを一通り処理して組んだ状態。
一般的な戦闘機と比べるとシートがちょっと見える程度なのもあって、社外品使わなくてキットのままでいいかと思ってしまうところ。
でも見方を変えると、シートぐらいしか目立たないからシーと替えようか?ともなるところ。
DSCN8248.jpg

つづく。
テーマ→模型・プラモデル / ジャンル→趣味・実用

SMC 1/24 Engine 2T-G #2

2018–07–03 (Tue) 21:43
本日も2T-G。

パーツを塗装しました。
今回は細かい塗りわけは筆塗りで行きます。
DSCN7895.jpg

シリンダーヘッド一式とこのパーツはクレオスのエンジンシルバーを黒サフベースに吹きました。
このパーツに小さいエッチングを一つ付けるのですが、ここだけこのキットの難所かもしれません。
DSCN7897.jpg

先のパーツを黒く塗装したシリンダーブロックのパーツに接着して、オルタネーター(画像中央右のギザギザの付いたパーツ)を接着します。画像が暗いですが、その後ベルトの付く部分のパーツを黒で塗ってます。
DSCN7902.jpg


先の画像からベルトとスターターを付けたところ。
DSCN7910.jpg


後ろから。
DSCN7912.jpg


続いて黒く塗装したヘッドカバー。
ボルト類はタミヤエナメルのチタンゴールドです。
DSCN7905.jpg


枠と文字部分をデザインナイフのカンナがけで削り、エッチングの金属地を出しました。
DSCN7906.jpg


シリンダーヘッドに先のヘッドカバーとエキマニを付けたところ。
ヘッドカバーのキャップはメッキシルバー。
後は組み立てて完成です。
DSCN7907.jpg

無塗装のものと今回の塗装したもの。
DSCN7919.jpg

無塗装もののレジンはアイボリーですが、前のファンを無塗装仕上げに出来るよう製品版はホワイトレジンになります。
DSCN7924.jpg

以上で2T-Gの制作は終了です。

お付き合い頂きありがとうございました。

ちょっと間を空けてフジミTE27レビンも開始します。

 | HOME |  次へ »

プロフィール

3104

Author:3104
Assemble EX9/3104の模型制作記録。

最近の記事

twitter

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

RSSフィード