スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グンゼ 1/24 トライアンフ TR2(ハイテックモデル) その36

2008–02–29 (Fri) 01:33
地道に進行中。
TR2。
DSCN4646.jpg

ストーンガードにメタルックを貼り付け。
DSCN4647.jpg

反対側も同じく。
DSCN4648.jpg

シートも地味~に時間がかかって、ようやくここまで復帰。
DSCN4650.jpg

その後塗装して再びステッチの取り付けまで。
DSCN4651.jpg

シートと一緒に後ろの仕切り周辺も塗装。
DSCN4652.jpg

で、トノカバーを留めるピンは散々悩んだ結果、虫ピンの#00の頭側を使いました。
DSCN4653.jpg

そしてドアの内張りパーツも接着。この内張りのパーツとボディとフロアとの辺りが結構スペース的にきついです。なのでどのタイミングでフロアをはめるか考え中。
DSCN4654.jpg

トリムとシート、シートベルトは先にやっといた方がよさそうなので、次回はその辺を。
まだ小物がでいくつかきてない・・・

つづく。

Craig David - Rise & Fall

モデルファクトリー ヒロ 1/24 フェラーリ 412P その5

2008–02–28 (Thu) 08:28
シャーシno.0850のエキュリー・フランコルシャン(当時のではなく現在の状態の)でやることに。
そしたら、キットのゼッケンのデカールは使えなかったり。
412P。
DSCN4636.jpg

0850でやっていくので変えていく部分。別パーツっぽくなってるリアスポの部分は、レストア時に変えられたのか、一体なのでそれらしく。、当時のだとキットのままと同じ(当時の写真で確認)。
DSCN4637.jpg

で、段差を無くすべくヤスリで削ってくと。自分的にこういうことやるときは、たいていドツボにはまるパターン。スリットに入る太さ(0.8mmぐらい)のヤスリは地元ではなさそうなのでお取り寄せ中。
DSCN4638.jpg

この辺の穴のフチも薄く加工中(手前は未加工)。
DSCN4639.jpg

フロントカウル裏の別パーツをハンダ付け。でもこのままだとシャーシと干渉するので後ですり合わせ。
DSCN4640.jpg

塗装できるまでひたすらボディーやってく予定。

グンゼ 1/24 トライアンフ TR2(ハイテックモデル) その35

2008–02–27 (Wed) 03:31
自分で設定しときながら字が読みにくかったので背景変えました。
tool好きならわかるであろう画。アレックス・グレイ作。

TR2。
DSCN4630.jpg

シートの改修。縦に5本づつになってた部分、実車は4本。なので今更ながらステッチを全部取り外してパテ埋め。
DSCN4631.jpg

で、ペーパーで均してサフを吹いたところ。やはりというかゴムっぽいキットの素材はなかなか削れず、パテの方ばかり削られてる感じでデコボコ。なので先に4本のディテールを入れて細かい修正してこうかと。
DSCN4632.jpg

思ってやってみたけど、このゴムっぽい素材は想像以上にやりにくい。埒があかないのでディテール部分はプラ材でやりかえることにして、彫刻刀で削除。それでもまだ微妙にやりにくいので座面と背面も分離。
DSCN4633.jpg

で、座面の部分は彫刻刀でも削れにくかったのでデザインナイフでごっそりと切り離し。切り離した部分は全面プラに置き換えるつもり。若干ハマリ中。
DSCN4635.jpg

こっちはすぐできた助手席側の持ち手。
DSCN4634.jpg

あとは研ぎ出しを済ませたり、画像のデータ作ったり、ウインドウをエポキシ(前回のは仮留めのためクリアーボンド)で組み立てたりと。
つづく。

F1開幕が近づいてきたので。
ちょっと懐かしい曲。
Coldplayで「Clocks」。

モデルファクトリー ヒロ 1/24 フェラーリ 412P その4

2008–02–26 (Tue) 17:45
ヒロの412Pは3種出てて、今作ってるキットはシャシーナンバー0848のスクーデリア・フィリピネッティ。
で、あとの2種はno.0844のN.A.R.T.とno.0854のマラネロ・コンセッショネアーズ。
で、ネットを徘徊して一番集まってる画像は

・・・no.0850のエキュリー・フランコルシャン。

0850はヘッドライトのハウジングもボディ同色なので悩むとこですが。

マイナー路線でいきますか。

412P。
DSCN4615.jpg

前回電池切れで載せれなかったスリット。結構厚みがあるのです。今回の0850は両角のリアスポは別パーツではなくて一体っぽい。
DSCN4616.jpg

で、薄く見えるように加工中。リューターでいくらか裏を削ってヤスリで整えてと。でも下の方は今持ってるのよりもっと細いヤスリじゃないと入らない。。。探しにいくか。
DSCN4617.jpg

フロントカウル。パテ盛ってる部分は微妙に窪んでたのでパテ埋め中。P4だとここにインテークがあるらしい。
DSCN4618.jpg

仮組み中エンジン。できるだけ後々見えなくなる部分でハンダ付けして整形。カムカバーとか別色で塗装する部分はクリアーボンドで。
DSCN4620.jpg

後はバリをとりつつ、パーツを取り付ける穴はピンバイスで深くしたりと。
DSCN4622.jpg

ディストリビュータに14箇所×2個分、28箇所の穴をピンバイスで深くして、同じくエンジン側で24箇所。
DSCN4624.jpg

そうこうしつつひたすらと。リアのダンパーはちょっと怪しかったり(フロントは未確認)。バルクヘッドと一番後部のパーツはボディカラーなので先に塗装しようかなと。
DSCN4628.jpg

パーツ数結構あるよ、
いくらか把握できたので先にボディパーツやってこう。

でもその前に。

明日からTR2仕上げていきます。

グンゼ 1/24 トライアンフ TR2(ハイテックモデル) その34

2008–02–25 (Mon) 13:03
来週中には完成するかな。
TR2。
DSCN4597.jpg

ウインドウスクリーンはキットのを研ぎだそうとしたけど、塩ビ板から切り出したのに変更。
DSCN4598.jpg

で、仮組み。ボディとの合いが微妙(塩ビに変えた影響ではなく元から)なのを調整しないと。
DSCN4599.jpg

鍵を作ってみようと思ってやってみた。けど栓抜きみたいなのできた。。。でも今回はこれ使おう。
DSCN4602.jpg

3つほど作ってまとめてみたり。黒いのはキーホルダー・・・のつもり。ラインテープをあれこれしてつけました。
DSCN4603.jpg

シートは改修中。。。

 | HOME |  次へ »

プロフィール

さとし

Author:さとし
Assemble EX9(ex.SPEED-SLAVES)/さとし(sk.)のブログ。

最近の記事

twitter

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。