スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンダイ 1/16 ディーノ 206 コンペティツィオーネ その8

2008–04–30 (Wed) 01:25
当面はLP560とこのコすすめてきます。
スープラいじりもさっさと切り上げての206コンペ。
DSCN5168.jpg

切り出したパーツはこれらで最後。ワイパーとマフラーの残り半分はメッキ落として、スピンナーとヘッドライトのパーツはひとまず保留。これらとボディ以外のパーツは整形を終えてサフがけまで終了。でもあとで手を加えるかもしれないのでサフで止めてます。
DSCN5169.jpg

ボンネットのスリットのパーツ。これも削って薄くしようと思ってましたが。
DSCN5170.jpg

切り出したほうが早そうだったので0.3mmのプラ材から。切り出しついでに数も実車と同じ4枚に変更(実車を見る角度によっては3枚にしか見えなかったり)。カーブの部分はキットのものに合わせつつ、4枚にしたの時のバランスを考えて上下幅は1mm短くしました。・・・でもまだどうやってつけるか決めてません。。。
DSCN5171.jpg

それからこの部分は下側を削るので位置確認。5つあるリベットは見る時期によってシルバー(金属地)だったりボディと同じ黄色だったりと。ちなみに現在(’08ヴィラデステに出てたとき)のは黄色です。
DSCN5172.jpg

それから前回プラ材で穴埋めをしたシャーシ裏。両サイドはボディカラーになりますが内装と同じく模様が入ってるので、それらを消しつつプラ材周辺の面出しをしたかったので、#180~#600のペーパーで仕上げ。ひとまずサフ待ち。
DSCN5173.jpg

ここのインテークはいまいちイメージが決まらないので、先に手を動かすことにして加工中。。。
DSCN5174.jpg

ひとまずシャーシ(のボディカラー部分)は落ち着いたので、引き続きボディ、ドア、エンジンフードを。

アオシマ/AMT 1/25 トヨタ スープラ(JZA80) ヴェイルサイド コンバットモデル その2

2008–04–29 (Tue) 02:05
本日。充電切れ(自分が)のため。
コンバットスープラいじり。
DSCN5159.jpg

バリがすごくて閉じないボンネット。
DSCN5161.jpg

(=u=)
DSCN5162.jpg

・・・どこいじろう・・・(結局さわってない)

つづきはあとで。


てことでつづき。
充電切れと言うよりはただ単に眠かっただけっぽい。。。
いつもどおりスジ彫り&ペーパーがけのセットで特に画像もなく・・・というわけにもいかず。
ひとまずバリを取ったボンネット。まだ画像右側は微妙に浮いてるので要調整。
DSCN5162.jpg

時間の半分ぐらいは画像探してさまよってたりと。で、サイドのエアロの形状を変更中。インストの「塗装図」(だったっけ?)みてもこういうラインは入ってたので、元々こういう風にするつもりだったっぽい。
まだ加工中の図。。。
DSCN5165.jpg

フロントバンパーもつつこうと思ってましたが、ペーパーがけ程度しかできおらず。ここもちょっと変えます。
DSCN5164.jpg

個人的な好みで後期タイプでやってく予定。といってもヘッドライトとテールライトがちょっと違うぐらい。。。
次回は未定。

バンダイ 1/16 ディーノ 206 コンペティツィオーネ その7

2008–04–28 (Mon) 01:26
当面はこれ進めてきます。
206コンペ。
DSCN5105.jpg

シャーシ側の続き。
DSCN5108.jpg

電池の蓋とかを埋めるのにプラ材を切り出し。キットのパーツを使ってもよかったんですが、電池の逃げのために膨らんでるのと、つけたりはずしたりするために隙間があったりするので。
DSCN5147.jpg

それから流し込みの接着剤で接着して、補強と隙間埋めも兼ねて瞬着盛り。(画像は接着前のもの)
DSCN5148.jpg

で、これはドア後部のインテーク内のパーツ。突起の部分にスプリングを付けてエアを取り付けるホースを再現するようになってます。で、外からみたときに向いてる穴の位置が分かりづらくてやりにくそうなので(というかこの説明が分かりにくい・・・)いったん切り離し。
DSCN5149.jpg

ようはうっすらと書いてる「⇒」の向きに穴を開けたいわけで。突起のことを気にするといまいち手がつけにくかったのです。
DSCN5150.jpg

それからドアノブ(というよりはスイッチ?)のモールドも追加。
DSCN5151.jpg

つづいてエンジンフード。
DSCN5152.jpg

穴の数を一つ追加。前側は悩んでるとこがヒンジのほかにもう一つあって、開口部の両端がカクッとしてるところ。実車は全体的にに丸ーい感じ。どうしようかなと。
DSCN5154.jpg

エンジンフードの外面はツライチ。ダンパー(というよりはつっかえ棒)をつけるとしたら一段削らないとつけるスペースがなかったり。いちおう目安として目立てヤスリでガリガリと。
DSCN5153.jpg

そんな感じでまだまだボディつつき。
つづく。

モデルファクトリー ヒロ 1/24 フェラーリ 412P その15

2008–04–27 (Sun) 01:13
たいして進んでないのにおつかれぎみ。
412P。
DSCN5155.jpg

前回充電の切れて撮れてなかったこのパーツ。
DSCN5104.jpg

少しディテール追加。洋白棒とゴムチューブ使用。でも行き先が分からないので見える範囲で。
DSCN5158.jpg

つけるとこんなところ。このあとまだパイプフレームとマフラーがつくのでほどほどです。この後ゴムチューブの両端にバンド的にメタルックの細切りつけました(未撮影)
DSCN5156.jpg

ヘタレ中なので412Pは少しお休み。
206コンペ進めてきます。

バンダイ 1/16 ディーノ 206 コンペティツィオーネ その6

2008–04–26 (Sat) 17:08
各パーツの整形も大体終了。でも加工はこれから。
206コンペ。
DSCN5105.jpg

エンジンはシルバーで塗装するものを調整しつつまとめて接着。煙突みたいについてるパーツはインストだと画像のような向きでついてるのに、なぜか普通につけると90度近く内側に傾くのです。左右間違えたかなと思って入れ替えたら今度は外側へ・・・で、いったん切り離して向きを調整。
DSCN5106.jpg

エンジン本体はシルバーで塗装しますが、ヘッドカバーは黒とシルバーの2色なので別塗装。キャブは保留中ですが、206Sだとキットのような感じだったりと。ここはボディが済んで元気があったら変えようかな。
DSCN5107.jpg

で、ボディ。ホイールハウス。フェンダーのフチをバリ取りも兼ねて薄く加工。
DSCN5109.jpg

加工後。
DSCN5114.jpg

こんな感じで。
DSCN5115.jpg

それからボンネット開口部前側。
DSCN5111.jpg

ここも同じく薄く見えるように。細かいですけどやらないよりは雰囲気よくなるかなと。
DSCN5112.jpg

同じくフロント開口部で今度は後ろ端。このカーブの部分は縦幅が半分ぐらいなので変える予定です。それからそこに5つ打ってあるリベットの大きさ考えようかと。こういう地味~なことばっかやってます。
DSCN5113.jpg

続いてシャーシ側。モーターライズ機能は省略してるので、電池が入る蓋の部分は盛り上がってるとこをフラットにしつつ埋めてしまいたいので、プラ材に置き換えて塞ぐ予定。です。
DSCN5108.jpg

エンジンフードのヒンジをどうしようかと考えつつ寝てますが、まだ良い方法思い浮かばず。。。
つづく。

 | HOME |  次へ »

プロフィール

さとし

Author:さとし
Assemble EX9(ex.SPEED-SLAVES)/さとし(sk.)のブログ。

最近の記事

twitter

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。