スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/24 ピニンファリーナ マセラティ バードケージ 75th グッドウッドFoS'05 #20

2011–02–26 (Sat) 14:27
LF-Aってもう出てたのか・・・

Birdcage75th GWFoS'05。
DSCF1448.jpg

1台目2台目ともにリアカウルの収まりが悪かったのですが
今回も苦闘中。
途中まで何とかってとこまで来たけど
他の部分がおかしかったのでやり直し。
ひとまずフロント側にヒンジを収めてみました。
DSCF1454.jpg

開きますがまだここまで。
この後調整するので、もうちょっと前まで開くようになります。
DSCF1455.jpg

ヘッドカバーなどエンジンで足りなかったパーツは明日到着予定。
ついでに996GT2用に使うホイールも調達。
エンジン本体はまず収まるように削っていきます。
DSCF1456.jpg

つづく。

1/24 ピニンファリーナ マセラティ バードケージ 75th グッドウッドFoS'05 #19

2011–02–24 (Thu) 16:50
Birdcage75th GWFoS'05。
DSCF1419.jpg

クリアーコートとしたヘッドライトのカバーとテールライト。
これらも後ほど研ぎ出し。
DSCF1450.jpg

ボディ側(パールの部分)の修正中。
DSCF1446.jpg

前回とは手順を変えて進行中。
DSCF1451.jpg

多少解釈の違ってた部分も発見されたので
また作る機会があれば原型からいくらか直そう。
つづく。

Beyond the Sunset

1/24 ピニンファリーナ マセラティ バードケージ 75th グッドウッドFoS'05 #18

2011–02–20 (Sun) 00:08
Birdcage75th GWFoS'05。
DSCF1419.jpg

クリアーコートしたものが触れるようになったので一枚。
DSCF1437.jpg

前後しますがテールライトやヘッドライトカバーなどもスリ合わせと面処理をして
一緒にウレタンコート。
DSCF1432.jpg

引き続きカーボン処理が必要なものを進め中。
リア中央の部分や。
DSCF1433.jpg

これもインダクションポッドに作り変え中。
DSCF1434.jpg

つづく。

1/24 ピニンファリーナ マセラティ バードケージ 75th グッドウッドFoS'05 #17

2011–02–18 (Fri) 02:14
カーボン処理中のためTOP画像は当面使い回しです。

バードケージ75のプロポーションモデル(1/24scale)の完成品を少数計画中です。
興味をお持ちの方は右の「SPEED-SLAVES」もしくは「SMC」のサイトから
メールにてお問い合わせを宜しくお願い致します。
1/18scaleでの御要望も頂いておりましたが、こちらは見送りとさせて頂きますこと御了承下さい。


Birdcage75th GWFoS'05。
DSCF1419.jpg

ブルメタベースで貼っていくとこんな感じです。
DSCF1429.jpg

貼りこみ前半終了。この後ウレタンでコートして研ぎだします。
この車編み目が微妙にややこしく
外観から見える部分などは基本的に同じ向きで編んであるのに
内部上面はどこからか左右対称になっていたり。
と言う感じで、なるべく実際のと似たような向きになるよう揃えました。
DSCF1431.jpg

3度目でもまだの作業には慣れません。

つづく。

1/24 ピニンファリーナ マセラティ バードケージ 75th グッドウッドFoS'05 #16

2011–02–15 (Tue) 23:57

Birdcage75th GWFoS'05。
DSCF1419.jpg

ひとまずこれらをブルーカーボンに仕立てていきます。
と言うわけでクレオスのブルメタで塗装。
DSCF1424.jpg

デカールはこちら。
Through Carbon Decal(スルーカーボンデカール)とちょっと微妙なネーミングですが
下地を透かして使うとのと、言い易さを考えるとこんな名前になりました。
今回の鳥篭のようなカラーカーボンに使えるようにと作りましたが
ベースをメタリックグレーなどにすれば普通のカーボンっぽく、
ゴールドなどのイエロー系にすればケプラーっぽくも使えるので
編目とサイズさえ合えばこれ一枚で事足ります。

反面、毎度下地を塗らないといけないのは手間かもしれません。
デカールはFXXエボのコンバージョンのもの共々
国内のシルクスクリーン印刷なので品質は国内メーカーの国産デカールと同等で
クレオスのマークソフターとグッスマのデカール軟着材も同様に問題なく使えます。
DSCF1425.jpg

と言う感じで貼り込み中。
DSCF1427.jpg

デカール⇒ウレタンコート後放置の間にシートやら他の部分進めていきます。

つづく。

Felys ~long full Ver.~

 | HOME |  次へ »

プロフィール

さとし

Author:さとし
Assemble EX9(ex.SPEED-SLAVES)/さとし(sk.)のブログ。

最近の記事

twitter

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。