スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/18 フェラーリ F430 VS(BBRベース)#17

2011–08–03 (Wed) 04:36
最近「人権」「差別」「平和」という一般的にウケのいい言葉に違和感を感じます。
要は、これらの聞こえのいい言葉にもそれなりに利権が絡んでるということです。




被災地への対応はいい加減なのに、どさくさに紛れてこういうことには熱心なようです。

菅の2つの献金問題などに絡み政権末期で本性発揮ってところか。



-以下引用-
委員は国会同意人事 人権救済機関の基本方針発表 権限強化の余地も

江田五月法相は2日の記者会見で、人権侵害の被害者救済を図る新たな人権機関設置の基本方針を法務省政務三役名で発表した。
人権侵害の有無を調査する「人権委員会」は法務省の外局とし、委員長と委員は国会同意人事にする。
民主党政権は基本方針を軸に年内の人権救済法案作成を目指す。

 基本方針は、人権委員会について「国民の人権擁護に関する施策を総合的に推進し、政府に対して国内の人権状況に関する意見を提出することなどを任務とする」と規定した。

 その上で、政府からの独立性を保つため、公正取引委員会や国家公安委員会などと同様、独自の規則制定権を持つ「三条委員会」として設置する。

 都道府県では、人権擁護事務を担っている法務局や地方法務局などが窓口となる。
都道府県の人権擁護委員は地方参政権を有する者から選ぶ方針を示し、
永住外国人に地方参政権が付与されれば外国人も有資格者になる。

一方、人権侵害の調査に関しては「任意調査に一本化し、調査拒否に対する過料などの制裁規定は置かない」とした。
救済措置についても「調停・仲裁を広く利用可能とし、訴訟参加、差し止め請求訴訟の提起は当面導入しない」と定めた。
報道機関の活動に対しても「自主的取り組みに期待し、特段の規定を設けない」とした。

 ただ、基本方針は「制度発足後5年の実績を踏まえて必要な見直しをする」ともしており、今後の政治情勢によっては人権委員会の権限が強化される余地を残した。

-引用ここまで-

ソース:産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110802/plc11080210120014-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110802/plc11080210120014-n2.htm

人権擁護法案(人権侵害救済法案)(←Googleの検索結果へ)

わかりにくい場合はこちら。
5分程度で見れるものにしました。



外国人参政権(←Googleの検索結果へ)

永住外国人に地方参政権が付与されれば外国人も有資格者になる。
とあるように、外国人参政権を前提とした内容になっていることにも注意。

動画を見るのも、調べるのも面倒な人へ。
・人権擁護法案(人権侵害救済法案)
簡単に言うと普通に会話をしてたはずが、相手が差別だと受け取っただけで
強制捜査を受けて(断ると罰金30万の過料)⇒連行もしくは出頭⇒挙句に謝罪と賠償。といった内容。
人権委員会には超法的な権限があるためやりたい放題。

産経の内容ではここまでになってませんが、元々こういう内容です。
骨子を通した後で改正(改悪)するということです。


そもそも民主党というものがどういう組織か知らない方へ。

初めて見たときにドン引きした動画。




F430VS。
DSCF2517.jpg

ウイング途中。
若干前広がりになるように変更しつつ段差の角度や長さも変更。
DSCF2520.jpg

翼端にあたる部分で見ると、もっと前の位置にあるので
これからこのあたりを変えていきます。
DSCF2521.jpg



つづく。

関連記事
スポンサーサイト

« 1/18 フェラーリ F430 VS(BBRベース)#16 | HOME |  1/18 フェラーリ F430 VS(BBRベース)#18 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://speedslaves.blog67.fc2.com/tb.php/928-f3fa0e30

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

さとし

Author:さとし
Assemble EX9(ex.SPEED-SLAVES)/さとし(sk.)のブログ。

最近の記事

twitter

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。