オリジナルロボ2号機 PLT-2000 #1

2018–06–27 (Wed) 16:20
何かとやることが多くて頭の中がオーバーキル状態なので、いったん落ち着いて整理も兼ねて。

9月のGWC参加に向けてオリロボ(オリジナルロボ)を作っているのですが、
1号機より先に2号機が出来てしまったので途中までまとめ。

ネタ元は嫁さんが1分で書いた落書きで、それを3Dに起こしたのがこれ。
イメージとしてはシューティングゲームでスコア100の量産雑魚機。
>101_201806271554417b2.jpg

何回か転生しても自分じゃ思いつかない形してる。
表情もこれ一種のみ。常にニッコリ笑顔で突撃してくる感じ。
>102.jpg

試しに全高3cmにして出力したものがこれ。
カクくんの7cmが自分で思ってたより大きかったのでイムラさんと同じ3cmにしてみたのですが、今度は思ったより小さかったり。
>DSCN7461.jpg

ガイアの塗料と比べるとこれくらい。
>DSCN7462.jpg

いったんレジンに置き換え。
GWCではこの状態で販売予定。(需要があるのかは果てしなくナゾ)
この機体名前付けてやれば?って聞いたところ、「あるでっ!PLT-2000!」との答え。
どういう意味か聞くと一応あるようで、
P(ポッカ)、L(レモン)、T(テレビ)-2000(ターミネーターとかに出てきて、付いてると強そうな数字)
だって。
>DSCN7503.jpg

次回から組んでいきます。
>DSCN7486.jpg

といっても合わせ目処理して色塗って組むだけという普段からすると超easyモード。

他に3バージョンあり。

つづく。

Revell 1/25 Dodge VIPER GTS #1

2018–05–24 (Thu) 04:37
A124が完成したときにTwitterで「次はアメプラ作る」ってアンケートしたのです。
結果、このヴァイパーと、同じくレベルのコルベットGS '96が同列に。
せっかく投票しくれたので、両方作ろう!って中身を確認したら、コルベットのほうはシャーシもエンジンも内装のバスタブもないって言うね。パーツが出てくるのを待ちながらヴァイパーの方を作っていきます。

DSCN7221.jpg

昔AMTの方を作ったことがありますが、クリアーコートに失敗して白いラインデカールをぐっちゃぐちゃにして終了。
しばらくしてリベンジのために買いに行ったのですが、店にあったのはレベルの方のみ。
シュリンクされてて中身が見えないアメプラですが、箱の完成写真からするとどうもAMTとは違うっぽいなと。思いつつ購入。
AMTの方は細かく出来てた記憶ですが、こっちはスナップキットというまるで違うベクトルのキットです。
仮組みも嵌めていくだけでいけちゃう。
DSCN7224.jpg

とりあえず車高は下げようかな。とか考えながらメッキ剥がし終了。
パッケージの写真を見てのとおり、実写のホイールなんかは結構ギラついたのメッキなので、キットのメッキのままでも雰囲気良いと思います。
DSCN7254.jpg

スナップキットだからというより、スナップキットだけど雰囲気は大事にしたい感が伝わるこの感じ。これでたった3パーツ。
DSCN7242.jpg

アメプラでよ体験してる「組んでいくとだんだん合わなくなっていく現象」は、こういう隙間の積み重ねなんだと思います。
AMTのを作ってたときは初めての海外プラモで、当時は削って合わせるなんて事もしてなかったので、どんどん合わなくなるわ、ごついパーティングラインで接着面が確保できてなくてパーツはポロポロ取れるわで、なかなか苦戦してた思い出。
DSCN7251.jpg

メッキを剥がしたパーツも実車だとエンジン本体と同じ色のように見えるのでしっかりスリ合わせて接着してってます。
DSCN7252.jpg

なんとなく触ってただけなので、次回からボディに手をつけていきます。

つづく。
テーマ→模型・プラモデル / ジャンル→趣味・実用

カクとイムラ WF2018W #1

2018–05–14 (Mon) 00:30
夏のワンフェスには出ませんが、冬に当時版権の許諾を頂いて販売したポンコツクエストの「カクとイムラ」です。

パッケージのイラストは散々悩んで公式のドット絵風のものをベースに作ってます。
個人的には気に入ってますが、コピーライト部分もドット文字風にすれば良かったなと。

完成品がサンプル提出して手元に無いので自分用に作ります。

DSCN7404.jpg

パーツ全景。
DSCN7405.jpg

カクくんは左腕は一種類ですが、右腕が伸ばしと曲げの2種類。
右手は標準の平手、スポーツチャンバラソード用、アイス用、ダイヤモンド会員になれる水っぽいもの用の計4種付いてます。
WF当日「ダイヤモンド会員になれる水っぽいもの付いてます!」ってポップ置いてたら、通りすがりのマダムにものすごい怪訝な顔されて見られたっけ。
よく考えたらワンフェスに来るマダムなんて貴重な存在よ。
DSCN7407.jpg

カク質のツノも通常のものと折れた状態の二種付属。
イムラさんの目は正面と右向きの2種類。
ちなみに、正面のものを使うと若干の狂気を感じる仕上がりに。
DSCN7408.jpg

作るといっても普通に色塗って組むだけです。

つづく。

HASEGAWA 1/35 HITACHI VIBRATORY COMBINED ROLLER ZC50C-5 #2

2018–04–11 (Wed) 03:13
2月頭から家の事であり得ないほど時間をとられてましたが明日でひとまずは落ち着くはず。

2×4と俺たちバイクモデラーズ展示会にはこれよりちょっと進んだ状態で展示してました。
ただ、建機はこれ一台だけだったという。

来年のお題は2×4が「赤い車」、俺たちバイクモデラーズが「中免で乗れるバイク」だそうです。

ロードローラー。
DSCN7194.jpg

ボディのほうは裏側(内側)を黒塗りっぱなしで透け防止できますが、これらのパーツはいったん片面のみを黒塗装してから本体色のオレンジを塗ってます。
DSCN7195.jpg

ローラー部分は黒⇒クリアー塗装後、メタリック系は下地の凹凸を拾いやすいので#2000のペーパーで均しました。
DSCN7196.jpg

インストではクレオスのスーパーアイアン指示でしたが、手元に無かったのでガイアのダークステンシルバーを塗装。
その上からクレオスのクロームを軽く吹いてクリアーコート。
DSCN7226.jpg

いったん塗装した後、デカールを貼る部分にはシルバリング防止のためにクリアーコート。
DSCN7198.jpg

デカールを貼った後保護の為再度クリアーコート。
デカールの段差処理をするかどうかはまた考えよう。
DSCN7227.jpg

キットのディテールも細かいうえ、デカールも細かく再現されたものが付属されてるので雰囲気よいです。
DSCN7229.jpg

ここの「水」もちゃんとついてて満足。
DSCN7232.jpg

つづく。

HASEGAWA 1/35 HITACHI VIBRATORY COMBINED ROLLER ZC50C-5

2018–03–15 (Thu) 23:57
触らなくなって久しいですが、たまにはブログなんかも。

3/18にボークス 大阪ショールーム 8F で行われる2×4と俺たちバイクモデラーズ展示会にお邪魔します。
「きてやっ!」って言われて手ぶらってわけにもなぁ。
25552011_1193747334093224_3802779294285472111_n.jpg

というくだりでのロードローラー。
2×4のお題でもある「はたらくのりもの」に合わせてキットを買ってきました。
DSCN7180.jpg

1/35というスケールに慣れてないので、中身を空けての印象は「思ってるより小さい」です。
キットを買ってきてとりあえずやるのは実車の画像探し。
でも今回は時間も無いのでまずは完成させることを最優先とします。
まずは組めるとこは組んでいって、前半分はこのあたりまで。
DSCN7183.jpg

黒いほうは合わせ目の処理をしましたが、オレンジのほうは実車と同じような分割なので何もせず組んだままです。
DSCN7185.jpg

後ろ半分の大まかなパーツはここまで組んでます。
ディテールはかなり細かくモールドで再現されてるのでそのままでも十分だし、手を加えようと思ったらいろいろやりようもあるので
結構遊べるキットだと思います。
DSCN7188.jpg

後半分のこの部分ですが、先にここまで組んでしまうと右側の黄色いタンクが入らなくなるそうです。
DSCN7190.jpg

なので、上下に分けて組めるとこまで組んでいます。
DSCN7193.jpg

側面の板状のパーツはいくらかヒケもあるので、面出ししておくと少し締まります。
DSCN7192.jpg

後輪はパーティングラインを消すぐらい。
DSCN7189.jpg


あと3日。

つづく。

« 前へ | HOME |  次へ »

プロフィール

さとし

Author:さとし
Assemble EX9(ex.SPEED-SLAVES)/さとし(sk.)のブログ。

最近の記事

twitter

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

RSSフィード